DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
教職支援センター研究紀要 >
第05号(2023-03-03) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/3655

Title: イヌバラ法による教員を対象とする傾聴技術の訓練に関する一研究
Other Titles: A Study on the Training of Listening Techniques of Counseling for Teachers through the Dog and Rose Role-playing Technique
Authors: 阿部, 彩
ABE, Aya
Keywords: 教員養成課程
チーム学校
カウンセリング
傾聴技法
イヌバラ法
Issue Date: 3-Mar-2023
Publisher: 京都女子大学教職支援センター
Abstract: カウンセリングはすでに教員養成課程における教育相談に関する重要な学習課題である。教員の専門性の一つとして、カウンセリングマインドに象徴される人権尊重の在り方はもちろんのこと、傾聴技術の修得は共感力の向上と共にその中核の課題として位置付けられる。特にいじめ被害、不登校の児童・生徒、被虐待児への対応技術として教員に修得が求められることはもちろんであるが、保護者との連携を構築する上でも必要不可欠の対応技術である。さらにいえば、いじめ加害児童生徒への救済においても当然ながら活用されなくてはならない。そこで、本研究は、現行の教員に修得が求められる専門的な技術としてイヌバラ法を用いた傾聴技術の訓練に関する実際を提示し、中でもイヌバラAR法を通して教員におけるチーム学校としての意識化及び専門性としての技術化を図ることに関して論じたい。
URI: http://hdl.handle.net/11173/3655
Appears in Collections:第05号(2023-03-03)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0185_005_012.pdf1.55 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback