DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
食物学会誌 >
第64号(2009-12-25) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/1752

タイトル: グアーミール水抽出画分に含まれる起泡性タンパク質
その他のタイトル: Foaming Proteins Contained in Guar Meal Extracts
著者: 下山, 亜美
Shimoyama, Ami
土居, 幸雄
Doi, Yukio
発行日: 25-Dec-2009
出版者: 京都女子大学食物学会
抄録: recently showed that the water extract of guar meal, a byproduct produced during extraction of guar gum, contains an albumin fraction having both high foaming activity and foam stability, named guar foaming albumin (GFA) . Here, we examined the water extact remnant obtained after precipitating GFA, which still possessed considerable foaming activity and foam stability. By cation exchange chromatography the remnant was separated into two fractions with high foaming activity and stability ; a protein fraction and non-proteinous fraction, probably saponin. The former fraction contained basic proteins with 20-40 kDa characterized by high content of Glu, Gly, Thr, Ala and Lys. The basic proteins as well as GFA were mainly found in germ, not in hull or endsperm, of guar beans
増粘性多糖のグアーガムの精製過程において廃棄されるグアーミール(種皮・胚芽部)には,多量のタンパク質が含まれている。これまでに,水抽出画分に高い起泡性と泡安定性を示すタンパク質が存在することを明らかにし,等電点沈殿により得たアルブミンをグアー起泡性アルブミン(GFA)と命名し,その性質を明らかにしてきた。今回は,水抽出画分から酸沈殿画分を除去した非酸沈殿画分の起泡成分について調べた。非酸沈殿画分を陽イオン交換クロマトグラフィーにかけたところ,素通り画分と吸着画分に泡安定性の高い画分が見られた。前者の起泡性はサポニンによるものである可能性が示された。後者の起泡性は,見かけの分子量20kDa~40kDaを示す数種の塩基性タンパク質によるものと思われた。アミノ酸分析の結果,非酸沈殿画分にはGlu, Gly,Thr, AlaやLysが多く存在することが明らかになった。これらのタンパク質は主にグアー豆の胚芽部に分布していた。
URI: http://hdl.handle.net/11173/1752
出現コレクション:第64号(2009-12-25)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0100_064_006.pdf9.18 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください