DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
食物学会誌 >
第60号(2005-12-10) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/1421

タイトル: アミノカラムを用いたガラクツロン酸と中性糖類のHPLCによる同時分析
その他のタイトル: Simultaneous analysis of galacturonic acid and neutral sugars by a HPLC method with amino column
著者: 吉野, 世美子
Yoshino, Yomiko
発行日: 10-Dec-2005
出版者: 京都女子大学食物学会
抄録: 本研究ではアミノカラムを用いたHPLC分析によりペクチン質を構成するガラクツロン酸と中性糖類を同時に分離する方法を検討した。その結果,ショウデックスアサヒパックNH2P-50 4Eカラムの温度を40℃とし,1.75%燐酸を含む95%アセトニトリル溶液で溶出し,示差屈折計で検出することによりガラクツロン酸と中性糖類であるグルコース,ガラクトース,アラビノース,マンノース,ラムノース,キシロース,フコース,リボース,および内部標準物質のグリセロールを完全に分離,検出することができた。
The method for simultaneous analysis of galacturonic acid and neutral sugars which constitute pectic substances was examined by HPLC analysis using the amino column (Shodex Asahipak NH2P-50). The temperature of column was 40℃ and the refractive index detector was used. This method using 95% acetonitrile solution including 1.75% phosphoric acid allowed to clearly separate galacturonic acid, glucose, galactose, arabinose, mannose, rhamnose, xylose, fucose and ribose with glycerol as an internal standard.
URI: http://hdl.handle.net/11173/1421
出現コレクション:第60号(2005-12-10)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0100_060_005.pdf392.59 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください