DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
教職支援センター研究紀要 >
第04号(2022-03-04) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/3469

Title: 新しい時代の教育実習モデルの開発に関する研究 : COVID-19の感染拡大下におけるオンライン教育実習の事例
Other Titles: A research on the development of teaching practice models in a new era : A case study of online teaching practice under the situation of COVID-19
Authors: 坂井, 武司
森, 久佳
村井, 尚子
落合, 利佳
齊藤, 和貴
玉村, 公二彦
SAKAI, Takeshi
MORI, Hisayoshi
MURAI, Naoko
OCHIAI, Rika
SAITO, Kazutaka
TAMAMURA, Kunihiko
Keywords: 教育実習
オンライン
ICT活用
TPACK
COVID-19
Issue Date: 4-Mar-2022
Publisher: 京都女子大学教職支援センター
Abstract: 本研究では,COVID-19禍における新しい教育実習としてオンライン教育実習のモデルとプログラムを開発し,附属小学校教育実習として実施した。教育実習後のアンケート調査の分析考察から,オンライン教育実習を通して,教育実習としての学びが概ね保証できていることが明らかとなった。また,これからの教育実習の指導教員には,TPACK に基づく指導力が求められることを明らかにした。
URI: http://hdl.handle.net/11173/3469
Appears in Collections:第04号(2022-03-04)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0185_004_004.pdf1.99 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback