DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
教職支援センター研究紀要 >
第04号(2022-03-04) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/3459

Title: ケアリングの視点を組み込んだオンライン学習の実践に関する研究 : 「生徒指導論」の授業の取り組みから
Other Titles: A research on online teaching including “Caring” perspective : Based on approach of Student Guidance Theory
Authors: 長瀬, 拓也
NAGASE, Takuya
Keywords: オンライン学習
ケアリング
オンデマンドによる配信型授業
オンデマンド
配信型授業
生徒指導
Issue Date: 4-Mar-2022
Publisher: 京都女子大学教職支援センター
Abstract: 本稿は,2021年度前期に行われた「生徒指導論」において,新型コロナウイルスの流行下における大学生の学習状況を考慮し,オンデマンドによる配信型講義においても学生のニーズや学習環境を配慮するケアリングの視点に立って行われた教育実践の効果と課題を明らかとするものである。実践後,学生からのアンケートの分析によって,講義者による一方的な情報配信であっても,レポート課題や学習者へのアナウンス,フィードバックのコメントを工夫することで,教員と学生とのコミュニケーションが保たれ,学習者の意欲向上を促し,自律的に学習に取り組むことが明らかとなった。一方で,アンケート調査から学生が双方向での交流ができるように工夫することも課題となった。
URI: http://hdl.handle.net/11173/3459
Appears in Collections:第04号(2022-03-04)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0185_004_010.pdf1.97 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback