DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
京都女子大学発達教育学部紀要 >
第18号(2022-03-09) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/3380

Title: 保育実践のリフレクションの意義に関する一考察 : 保育観の問い直し
Other Titles: A Study on the Significance of Reflection in Childcare Practice : Rethinking the View of Child Care
Authors: 村井, 尚子
坂田, 哲人
MURAI, Naoko
SAKATA, Tetsuhito
Keywords: リフレクション
ALACT モデル
保育者の専門性の向上
保育観
コルトハーヘン
Issue Date: 9-Mar-2022
Publisher: 京都女子大学発達教育学部
Abstract: 筆者らは「保育のリフレクション」をキーワードに,保育者同士が対話によって実践を振り返る営みを支援してきている。保育のリフレクションは,保育者自身の裡に身体化された前理解を疑い,それに基づく保育観を明らかにすることで,自身の枠組みや視点を自覚していくプロセスである。明らかになった保育観を他の保育者等とも対話しながら子ども理解を深め,より子どもの育ちに寄り添った保育を行っていくことをめざしている。身体化された前理解を明らかにするための工夫として,出来事における保育者と子どものフィーリング(感情)や欲求に焦点を当てるコルトハーヘンの8 つの窓を用いたリフレクションの方法を用いている。本稿では,筆者らが関わっている保育のリフレクションの事例を挙げ,上記の課題について検討を行う。
URI: http://hdl.handle.net/11173/3380
Appears in Collections:第18号(2022-03-09)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0080_018_004.pdf1.49 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback