DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
京都女子大学発達教育学部紀要 >
第17号(2021-02-10) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/3173

Title: 「気になる子」に関する保育者の意識と支援の実態 : 保育所アンケートからクラス構成に着目して
Other Titles: A Questionnaire Survey of Caring for Children with Special Needs in Classroom by Nursery Teachers
Authors: 落合, 利佳
OCHIAI, Rika
Keywords: 気になる子
発達障害
実態調査
Issue Date: 10-Feb-2021
Publisher: 京都女子大学発達教育学部
Abstract: 公立保育所の3 ・4 ・5 歳児および異年齢クラスを担当している保育士を対象に「気になる子」への意識と支援に関する実態調査を行った。各クラスに占める「気になる子」の割合は36. 5~42. 8%で,年長クラスで一番多かった。「気になる内容」は平均13項目(21項目中)で,多動や不注意など集団場面で支援を必要とする内容や年長児では就学後の学習に関与する手指の巧緻性に関連した項目で高い割合を示した。全ての「気になる子」に支援はされていなかったがその理由として,人的資源や時間的余裕の問題の他,支援の方法がわからない,支援のニーズの低さなどが挙げられた。
URI: http://hdl.handle.net/11173/3173
Appears in Collections:第17号(2021-02-10)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0080_017_001.pdf1.02 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback