DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
京都女子大学発達教育学部紀要 >
第17号(2021-02-10) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/3167

Title: 中学校「総合的な学習の時間」を活性化させる校長及びミドルリーダー教員の役割
Other Titles: Roles of Principals and Middle-Leader Teachers Who Try to Activate “the Integrated Studies” in Junior High School
Authors: 岩﨑, 保之
IWASAKI, Yasuyuki
Keywords: 総合的な学習の時間
活性化
計量テキスト分析
地域
計画
Issue Date: 10-Feb-2021
Publisher: 京都女子大学発達教育学部
Abstract: 本研究は,中学校「総合的な学習の時間」を学校全体で推進した校長とミドルリーダークラスの教員にインタビューし,同学習を活性化させるために校長らが担った役割を明らかにすることを目的とした。X県にある公立中学校の校長5 人とミドルリーダークラスの教員5 人にインタビューした逐語録から,インタビュアーの発話を除いたテキスト─校長1,373文(605段落),ミドルリーダークラスの教員1,306文(665段落)─を対象として,計算テキスト分析を行った。その結果,校長は,方針の提示,進捗状況の管理,研究指導,地域との関係構築,取組の組織化,計画の立案の6つが役割として抽出された。また,ミドルリーダー教員は,地域との連携・協働,総合的学習の実践,同僚教員の啓発,合意形成・調整,計画の立案の5つが役割として抽出された。総合的学習を学校全体で推進するに当たっては,校長もミドルリーダー教員も地域との関係構築や連携・協働に尽力するとともに,校長の示した方針に基づいて関係する教員と協議しながら同学習の計画を明確化していた。
URI: http://hdl.handle.net/11173/3167
Appears in Collections:第17号(2021-02-10)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0080_017_009.pdf760.02 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback