DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
京都女子大学発達教育学部紀要 >
第17号(2021-02-10) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/3166

Title: ドイツ初等教育における持続可能な開発のための教育(ESD)の推進 : ESDグローバル・アクション・プログラムの取り組み
Other Titles: Promotion of Education for Sustainable Development in German Primary Education : Approach to Global Action Programme on ESD
Authors: 宮野, 純次
MIYANO, Junji
Keywords: ドイツ初等教育
持続可能な開発のための教育(ESD)
ESD グローバル・アクション・プログラム
Issue Date: 10-Feb-2021
Publisher: 京都女子大学発達教育学部
Abstract: 国際学力調査(TIMSS,PISA)の結果が与えた衝撃を契機に,ドイツでは,「コンピテンシー」概念の導入,初等・中等教育の「教育スタンダード」の新設,大学入学試験の基準の改訂など,児童生徒の学力向上を目指した教育改革が進められている。その際,初等教育においては,持続可能な開発のための教育(ESD)に関するグローバル・アクション・プログラムも重視され,構想・展開されている。ESD は,社会を持続可能な開発へと方向づけるための変革的な教育である。本研究では,先進的な取り組みが見られるドイツにおいて,初等教育に焦点を当て,ESD に関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)の構想と展開について明らかにした。
URI: http://hdl.handle.net/11173/3166
Appears in Collections:第17号(2021-02-10)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0080_017_007.pdf715.77 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback