DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
京都女子大学発達教育学部紀要 >
第16号(2020-02-10) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/2961

タイトル: 3度転調の手法とその演奏表現効果についての考察 : ベートーヴェンとロマン派の作曲家のピアノ作品を中心に
その他のタイトル: A Study on Technique of Mediant Modulation and its Performance Effects : The Case of Piano Works of L.v. Beethoven and Other Romantic Composers
著者: 大谷, 正和
OTANI, Masakazu
発行日: 10-Feb-2020
出版者: 京都女子大学発達教育学部
URI: http://hdl.handle.net/11173/2961
出現コレクション:第16号(2020-02-10)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0080_016_010.pdf916.1 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください