DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
心理臨床研究(こころの相談室) >
第09号(2019-03-31) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/2913

タイトル: スクールカウンセラーのコンサルテーションに関する見立ての共有 : 具体的な伝え方に関する探索的研究
著者: 築地, 典絵
橋村, 和
キーワード: スクールカウンセラー
コンサルテーション
見立て
伝え方
発行日: 31-Mar-2019
出版者: 京都女子大学大学院こころの相談室
抄録: 本研究では,コンサルテーションを行う中で,スクールカウンセラーが対応の難しさを感じた事例を取り上げ,教員にどのような声かけを行ったのかを具体的に示した。その上で,どのような伝え方にすれば,より効果的だったのかを検討した。コンサルテーションを行う際には,スクールカウンセラーと教員はそれぞれに異なる背景を持った職業人同士であるため,教員の事例に対する見方や考え方を理解することが重要であること,教員が自信を回復し問題解決に向けて主体的にスクールカウンセラーの提案を試行することができるためには,教員が腑に落ちるような見立ての伝え方が必須であることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/11173/2913
出現コレクション:第09号(2019-03-31)

このアイテムのファイル:

このアイテムに関連するファイルはありません。

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください