DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
食物学会誌 >
第65号(2010-12-25) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/1759

タイトル: 速度論に基づくマウス脂肪細胞分化過程の解析
その他のタイトル: Analysis of the Adipocyte-Differential Process of Mouse by Kinetics
著者: 朝日, まどか
Asahi, Madoka
池谷, 千咲
Ikeya, Chisa
吉良, 奈美子
Kira, Namiko
小西, 由佳
Konishi, Yuka
小堀, 美佳
Kohori, Mika
辻, ひとみ
Tsuji, Hitomi
綱井, 典子
Tsunai, Noriko
村山, 涼子
Murayama, Ryoko
大和, 亜紗
Yamato, Asa
山本, 咲也夏
Yamakoto, Sayaka
宮田, 堅司
Miyata, Kenji
発行日: 25-Dec-2010
出版者: 京都女子大学食物学会
抄録: It is possible to determine rate kinetic constants for cell-differential processes in vivo through the measurement of the transcription-ratio of some genes by real-time PCR(1). In the previous paper, the differentiation of adipocytes was investigated and rate constants for the processes, at which PPARγ-expressing cells differentiated into AD(adiponectin)- or Re(resistin)-expressing cells, were determined in the thymus of BALB/c mouse(2). In this paper, the rate constant for the process of PPARγ-expressing cells changing to HSL(hormone sensitive lipase)-expressing cells. Considering both results, it was concluded that PPARγexpressing cells change to express HSL firstly, AD secondly and then Re in adipocytes-differential process
BALB/cマウスの胸腺での脂肪細胞の分化過程を,PPARγ(PP)に対するホルモン感受性リパーゼ(HSL)の転写量を指標として,リアルタイムPCR法により検討した。 PPに対するHSLの転写量比は,生後直後は1より小さかったが,その後増大し一定値となった。この加齢変化を,遺伝子の転写量は,その転写細胞数に比例すると仮定することにより,また,脂肪細胞系列の幹細胞を考えることにより,速度論により説明することができた。この速度論に基づく方法は,細胞の分化過程で発現する遺伝子の発現順を決定することに応用できることを示した。
URI: http://hdl.handle.net/11173/1759
出現コレクション:第65号(2010-12-25)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0100_065_001.pdf270.51 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください