DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
食物学会誌 >
第56号(2001-12-10) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/1394

タイトル: 炭水化物水酸基の相対的反応性について : メチル4,6-ο-ベンジリデン-β-D-グルコピラノシドの非プロトン性溶媒中での選択的エステル化反応
その他のタイトル: Selective Esterification of Methyl 4,6-ο-Benzylidene-β-D-Glucopyranoside in Various Aprotic Solvents
著者: 加納, 千路
Kano, Chiji
近藤, 陽太郎
Kondo, Yôtaro
発行日: 10-Dec-2001
出版者: 京都女子大学食物学会
抄録: Methyl 4,6-O-benzylidene-β-D-glucopyranoside was benzoylated with a limited a mount of benzoic anhydride in a series of aprotic solvents in the presence of sodium benzoate.Partial benzoylation of the glucoside in a cetonitril, dichloromethane, N, N-dimethylformamide and pyridine, respectively, gave the preponderance of 3-O-benzoate over 2-O-benzoate as shown by quantitative TLC, while the benzoylation in acetone gave the higher yield of 2-O-benzoate than that of 3-O-benzoate.This reverse result suggests that acetone has a certain activating solvent effect on the reactivity of HO-2 in methyl 4,6-O-benzylidene-β-D-glucopyranoside derivatives toward benzoylation with benzoic anhydride.
URI: http://hdl.handle.net/11173/1394
出現コレクション:第56号(2001-12-10)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0100_056_002.pdf428.68 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください