DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
食物学会誌 >
第67号(2013-01-31) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/125

タイトル: Lipid Transfer Proteinに対するモノクローナル抗体を用いたリンゴ使用量の評価系の確立
その他のタイトル: Evaluation of Apple Content with Monoclonal Antibodies Specific to Lipid Transfer Protein
著者: 岡崎, 史子
Okazaki, Fumiko
山口(村上), 友貴絵
Yamaguchi, Yukie
中村, 美幸
Nakamura, Miyuki
廣瀬, 潤子
Hirose, Junko
成田, 宏史
Narita, Hiroshi
キーワード: Lipid Transfer Protein
モノクローナル抗体
食物アレルギー
特定原材料表示
発行日: 31-Jan-2013
出版者: 京都女子大学食物学会
抄録: In order to establish evaluation system for apple content in foods, monoclonal antibodies were raisedagainst apple lipid transfer protein (LTP). A sandwich-type of enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA)was developed by using two of the five monoclonal antibodies obtained. This ELISA showed a practicalworking range of 0.03-10 ng/mL for apple LTP and no cross-reactivity with other fruits tested except plum.LTP could be determined with this ELISA in peel selectively and in foods with apple labeling such as applejuice, vegetable juice and even in curry roux.
URI: http://hdl.handle.net/11173/125
出現コレクション:第67号(2013-01-31)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0100_067_005.pdf884.37 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください