DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
女子大國文 >
第133号(2003-06-30) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/596

Title: 紹介『甲斐徳本喰合禁物集』 : 養生和歌の一齣
Authors: 八木, 意知男
Keywords: 永田徳本
甲斐読本
養生和歌
いろは歌
喰合せ
紹介翻刻
Issue Date: 30-Jun-2003
Publisher: 京都女子大学国文学会
Abstract: 西に曲直瀬三あらば東に永田徳本あり,と称えられ,世に「甲斐の徳本」と呼ばれた名医知足斎芽庵永田徳本は,『傷寒論』の論拠を以て医説を立てた。『医之弁』『梅花無尽蔵』等の著作が知られるが,偽書も多いとされる。その徳本の名を冠した小冊子に『甲斐徳本喰合禁物集』がある。例えば,小曽戸洋氏著『日本漢方典籍辞典』(大修館書店,平成十一年)等にもこの書はふれられていない。当概書は,養生の柱である食餌の喰合わせの禁を「いろは歌」四十八首の和歌に詠んだものである。故に医療教訓歌の一種と考えられる。かつて紹介した道山『養生和歌』(『神道史研究』第四十九巻第二号)等と同列に扱われてよいものといってよい。そこで,これを養生和歌・教訓歌資料として翻刻開示する。
URI: http://hdl.handle.net/11173/596
Appears in Collections:第133号(2003-06-30)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0010_133_002.pdf531.35 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback