京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第14号(2011-12-26) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/455

タイトル: 家庭用愛玩動物に関する意識調査と今後の方向
その他のタイトル: Awareness survey and future issues on family pets
著者: 蒲生, 孝治
GAMO, Takaharu
キーワード: 動物愛護
animal protection
family pet
pet breeding
発行日: 2011年12月26日
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: 本調査研究は、特に家庭用愛玩動物に焦点を当て、2010年10月に公表された内閣府による「動物愛護に関する世論調査」の結果を、筆者による近畿地域の若者世代の実態調査結果から検証すると共に、米国及びドイツの実情を総領事館資料等をもとに調査・分析し、我が国の課題を明確化した。 主な結果は以下のとおりである。(1) 7年前と比較してペット好きの割合は増加しているが (約66%から約73%へ)、飼育経験は減少している (約37%から約34%へ)。 (2) 7年前と比較し、ペットの種類では猫と魚類が増加し犬が減少している。 (3) 米国では犬の飼育世帯率は最近の30年間、約37%一定で、家庭用愛玩動物が市民生活にしっかり根付いている(日本は約19%)。 (4) ドイツでは約80年前から全地域で動物保護団体が組織化され、殺処分を無くすため「動物の家」(シェルター)を設置するなど、確固たる管理体制が構築されている。
In this survey research, by focused on family pets, the results of "public opinion survey on animal protection" published by Cabinet office in October 2010 was verified by comparing with the results for younger generation who live in the Kinki area, and the problems that should be solved in Japan were made clear by investigating situation in America and Germany through analyzing the documents issued by general consulate. Main results are indicated as follows : (1) Compared with 7 years ago, the proportion of pet lovers has increased (from 66% to 73%), but the proportion of breeding experience has decreased (from 37% to 34% ) . (2) Compared with 7 years ago, cat and fish breeding ratio increase and dog breeding ratio decreases. (3) In America, the percentage of households having dogs holds steady at 37% in the last 3 decades (19% in Japan) . That can be thought that family pet is deeply built into the lives of American. (4) In Germany, animal protection group has been organized across the country since 80 years ago and create the strong management structure for removing animal kill-disposal by settling the shelter called "animal house".
URI: http://hdl.handle.net/11173/455


ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_014_003.pdf10.81 MBAdobe PDF見る/開く



Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください