DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第14号(2011-12-26) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/454

タイトル: 大都市における子育て期の親子の安全・安心まちづくりの指標に関する研究 (Ⅰ)
その他のタイトル: A Study of the Indicators of Security & Safety for Parents and Children on the stage of child-rearing in Megalopolis
著者: 槇村, 久子
MAKIMURA, Hisako
キーワード: 安全・安心
子育て期
まちづくり
親子
大都市
security
safety
child-rearing
parent and child
city planning
megalopolis
発行日: 26-Dec-2011
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: 少子高齢人口減少は大都市にも見られるようになり、一方都心に高層マンション等住宅供給が増加し子育て世帯層が増加している。大都市において子育て期にある親と子が安全に安心して生活できるための条件を日常生活の視点から明らかにする。本稿では大阪市で幼児と子育て世帯層が増加している地区を取り上げ、そこに備わっている条件を現地調査、親子のベビーカーでの調査、地域の子育て支援グループ、認可外保育所、親へのヒアリング調査などで分析した。まち歩きではハード面で主に道路、公園、駅舎、商業施設や公共施設などをチェックし、その他の調査から子育て期の親子、特に女性が安全で安心して住むことができる要素を立地、交通アクセス、マンションの価格、保育施設と保育サービス、子育てサービスや施設、近くで利用できるサービスを詳細に抽出した。
We found that the old aged is increasing and the young aged is decreasing in population, the other side the child-rearing families increasing in population by high residential buildings in center of Osaka. We researched some areas in Osaka City on traffic access, conveniently, day nursery, day-care service, regional child-care support group. We checked on roads, parks, stations, public facilities, shopping centers by baby carriage in addition.
URI: http://hdl.handle.net/11173/454
出現コレクション:第14号(2011-12-26)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_014_001.pdf20.64 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください