DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第11号(2008-12-15) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/414

タイトル: 国際秩序と人命救助 : 冷戦終結以後の人道的介入の正当化に関する議論を中心に
その他のタイトル: Humanitarian Intervention and International Order : The Limit of the Solidarist Perspective
著者: 上野, 友也
KAMINO, Tomoya
キーワード: 人道的介入
人道支援
保護する責任
国際秩序
連帯主義
Humanitarian intervention
humanitarian assistance
Responsibility to Protect
international order
Solidarism
発行日: 15-Dec-2008
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: 冷戦終結以後の人道危機に対する国際的対応の一つとして人道的介入が実行され、コソヴォに対する人道的介入を契機として人道的介入の正当化の議論が生じた。『保護する責任』報告書は、人道的介入の正当化の基準を提起することで人道的介入の正当化の議論に最も影響を与えた。このような人道的介入の正当化の議論は、人道危機の国際的対応に関する道義的問題にとどまらず、国際秩序の将来に関する政治的問題も含意した。人道的介入の正当化は、人道的介入の権限と能力を保持する大国や地域大国を中心とする連帯主義的国際秩序を正当化することにもなった。しかし、人道的介入は他国の人道危機に対する例外的措置として正当化されたに過ぎず、原則的対応は人道支援機関による人道支援であることから、人道支援の実効性を向上させる必要があることを解明した。
The paper aims at clarifying the limit of the Solidarist perspective that justifies humanitarian intervention in internal armed conflicts. After the Kosovo crisis was settled, the International Commission on Intervention and State Sovereignty (ICISS) published the report of the Responsibility to Protect that proposed the guidelines on the justification of the humanitarian intervention and the state sovereignty as responsibility to protect their nations. It implies that the report supports the Solidarist perspective on international order. However, the report only justifies the humanitarian intervention as an exceptional and unusual measure, and this suggestion does not lead to the Solidarist world order by itself. In order to relieve humanitarian crises, international society should improve effectiveness of non-military humanitarian assistance in behalf of humanitarian military intervention.
URI: http://hdl.handle.net/11173/414
出現コレクション:第11号(2008-12-15)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_011_008.pdf320.71 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください