DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第10号(2007-12-25) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/398

タイトル: Fieldwork study on Japanese women in the Greater Toronto Area and their adaptation to life in Canada
その他のタイトル: 日本人女性のカナダ生活への適応に関するフィールドワーク研究
著者: KANO PODOLSKY, Momo
嘉納, もも
キーワード: Fieldwork
Japanese immigrant women in Canada
intermarriage
adaptation patterns
発行日: 25-Dec-2007
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: This paper presents an overview of recent trends in immigration from Japan to Canada. We will argue that the preponderance of women who furthermore display a high rate of intermarriage warrants a close examination of the adaptation patterns of such women to life in Canada. Findings from fieldwork among a group of Japanese women in the Greater Toronto Area will be outlined, and issues such as the increasing flow of women out of Japan, and the relation between intermarriage and integration will be addressed. We will also suggest our view on the future of Japanese ethnicity in Canada.
本稿では外務省発行の『海外在留邦人数の統計』をもとに、過去25年間の日本からカナダへの人口移動の傾向を概観した上で、カナダ在留邦人の多くを占める永住者女性を対象に2007年に実施したフィールドワークの結果を報告する。母子の日本語プレイグループの参与観察、面接調査、ゴードンの「同化理論」、イサユーの「エスニック保持論」などを参考にした「カナダ生活への適応パターン」調査から得たデータを踏まえ、文化・人間関係・アイデンティティの側面から最近の日本人移住者女性の特徴を浮き彫りにする。さらに日本からの女性の流出、国際結婚とホスト社会への同化の関係、そしてカナダにおける日本人コミュニティの行方などのテーマにも言及する。
URI: http://hdl.handle.net/11173/398
出現コレクション:第10号(2007-12-25)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_010_003.pdf249.32 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください