DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
教職支援センター研究紀要 >
第06号(2024-03-08) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/3882

Title: 子どもが戦争文学と向き合う授業 : 生きられた経験の記述を通して
Other Titles: A Class in Which Children Are Confronted with War Literature: Using Lived Experience Description
Authors: 村井, 尚子
MURAI, Naoko
Keywords: 一つの花
戦争文学
小学4年国語科
ヒロシマ消えたかぞく
生きられた経験の記述
ヴァン=マーネン
Issue Date: 8-Mar-2024
Publisher: 京都女子大学教職支援センター
Abstract: 授業は、教師、子ども、両者の関係性、身体性、さらに教材、教室の環境など様々な要素によって構成されている。その多くは前= 言語的なものであり、記述が困難であると言える。授業におけるこうした子ども、教師の経験を「現にあるがままに」、その出会いのままに記述することをめざす「生きられた経験の記述」の手法を用いて、小学4年国語科の「一つの花」の授業の記述を行なった。この授業は、子どもが戦争文学と向き合うことをめざしている。記述と子どもの振り返り、授業者である教師の振り返りを検討することで、子どもがどのように戦争文学と向き合ったかを分析していく。
URI: http://hdl.handle.net/11173/3882
Appears in Collections:第06号(2024-03-08)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0185_006_013.pdf1.33 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback