DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第08号(2005-12-27) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/374

タイトル: ノルウェーとスウェーデンにおける大都市の墓地の現状と変化への対応
その他のタイトル: Existing State of Things and Correspond to Change of Cemetery at the big City in Norway and Sweden
著者: 槇村, 久子
MAKIMURA, Hisako
キーワード: ノルウェー
スウェーデン
墓地

宗教
家族
都市
cemetery
grave
Norway
Sweden
family
city
religion
発行日: 27-Dec-2005
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: 首都は都市化と人口集中、家族構造の変化により墓地を変容させている。ノルウェーのオスロ市アルファセット墓地、スウェーデンのストックホルム市のロックスター墓地と森林墓地の現地調査を事例として、家族墓地から無名墓地への動向、墓地経営、宗教と墓地の関係変化、墓地・埋火葬関連法、環境配慮など近年の現状と課題への対応を探った。近年、雑木林や公園様式のミンネルンドが墓地内に設置されている。墓地以外への遺灰等散骨は法律により規制され、許可が必要である。居住登録者には墓所の使用権は権利であるが有期限である。またキリスト教以外の宗教、特に近年イスラム教徒の区域が設置されている
The cemetery at the capital are changing by population growth and family forms. We made some field survey of Alfasset cemetery in Oslo,Norway, and Råcksta burial grounds and the Woodland cemetery in Stockholm, Sweden. Then we research existing state of things and correspond to change of cemetery by a trend from family type grave to unnamed grave, a management of cemetery, the relations between the religion and cemetery, the lows related burial and cremation, an environmentally consciousness. In recent years, there are so-called "urn groves" "Minnelund" designed of park or woodland in cemetery. The remains or ashes may only be buried or spread at public or private burial-paces. Other customs may occur, however, in exceptional circumstances and after a decision by the county administrative board. The registered resident have the right of a grave plot at a burial-place, but it is fixed a term. The special grave plots shall be provided for those who do not belong to a Christian denomination, recently that is increasing for Islam.
URI: http://hdl.handle.net/11173/374
出現コレクション:第08号(2005-12-27)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_008_005.pdf3.18 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください