DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
教職支援センター研究紀要 >
第05号増刊号(2023-03-03) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/3677

Title: 小中学校教育における音楽科と他教科間の統合に関する意識調査 : 豊かな演奏表現の為の「横断する学習」の必要性
Other Titles: Cognitive surveys on integration between music and other subjects Studies in education of elementary and junior high school : Necessity of cross-over music practices for enriched playing
Authors: 丹羽, ひとみ
NIWA, Hitomi
Keywords: 横断する学習
統合学習
音楽科と他教科
教科間の関連性
演奏表現への興味
Issue Date: 3-Mar-2023
Publisher: 京都女子大学教職支援センター
Abstract: 小中学校の音楽科授業では一定数の児竜や生徒が器楽・歌唱の演奏表現に対して苦手意識を持つ。苦手意識の原因を掘り下げてゆくと、「興味が持てないのでおもしろくない」ことが大きな要因であることが多い。興味を持たせる為にはどうすればよいのか。そこから進んで、よりよい演奏表現を目指させる為には、教師はどのような指導を念頭に置けばよいのか。その為の一助として、音楽科からのみではなく多方面からのアプローチを行うことで生じるメリットを分析し「他教科との統合」による有用性を考える。学生が取り組んだ実践を例として「横断する学習」への取り組み方を検討した。また、「学生が感じる小中学校に於ける音楽科と他教科との関連性の捉え方」についてアンケート調査を行った。それらをもとに、豊かな演奏表現を目指すにあたっての「音楽科と他教科との統合」が及ぼす効果を分析・考察した。
URI: http://hdl.handle.net/11173/3677
Appears in Collections:第05号増刊号(2023-03-03)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0185_005Z_015.pdf1.88 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback