DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
教職支援センター研究紀要 >
第05号増刊号(2023-03-03) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/3676

Title: 20世紀以降の作曲家によるピアノのためのソナチネに関する研究
Other Titles: A Study on Sonatinas for Piano written by the Composers after the 20th Century
Authors: 大谷, 正和
OTANI, Masakazu
Keywords: ソナチネ
20世紀
ラヴェル
バルトーク
カバレフスキー
Issue Date: 3-Mar-2023
Publisher: 京都女子大学教職支援センター
Abstract: 古典派の時代に隆盛期を迎えた「ソナチネ」は、ロマン派に入ると一旦衰退の道を辿るが、20世紀以降には再び多くの作曲家により様々なソナチネが作曲された。本研究では、中でも特に演奏される機会の多い、カバレフスキー、バルトーク、ラヴェルのソナチネを取り上げ、楽曲形式、和声、タッチなどの観点から演奏のポイントを整理した。これらの作品からは、古典派の時代より変わらない規律ある形式の中で、近現代の音楽語法を学ぶことができ、20世紀のソナチネの学習がもたらす意義について再認識した。
URI: http://hdl.handle.net/11173/3676
Appears in Collections:第05号増刊号(2023-03-03)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0185_005Z_014.pdf689.66 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback