DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第07号(2004-11-16) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/353

Title: ジェンダーと法の現状と課題に関する予備的研究 : 女性の地位についての法社会学的研究のために
Other Titles: A Preliminary Study on Gender and Law : For the Study of Law and Society on the Status of Women
Authors: 澤, 敬子
SAWA, Keiko
手嶋, 昭子
TEJIMA, Akiko
藤本, 亮
FUJIMOTO, Akira
南野, 佳代
MINAMINO, Kayo
三輪, 敦子
MIWA, Atsuko
Keywords: ジェンダー

フェミニズム
女性差別撤廃条約
トランスナショナル・フェミニズム
強姦罪
セクシュアル・オートノミー
労働法
ケア
アファーマティヴ・アクション
大学スポーツ
Issue Date: 16-Nov-2004
Publisher: 京都女子大学現代社会学部
Abstract: 本稿は、科学研究費補助金基盤研究(C)( 1 )「ジェンダー法学のアカウンタビリティー ―アメリカの先駆者たちに見るその軌跡―」の2003年度の成果の一部であり、現実の法実施状況のなかで、ジェンダーをめぐる理念、法理論、問題設定などが持ちうる具体的な射程、可能性、問題性について、法社会学研究者を中心とした研究者らが各人の研究領域に引き寄せて検討し確認するための予備的研究である。第Ⅰ章は、女性の地位の向上やジェンダー平等に向けた取り組みのなかで、条約が大きな役割を果たしている状況を概観する。第Ⅱ章は、日本における強姦罪の問題点のうち、被害者の「抵抗」の問題を取り上げ、日米を比較しつつ検討する。第Ⅲ章は、労働規制法が暗黙に想定する労働者像を明らかにしたうえで、「人たるに値する生活」の現代的意義の考察の基礎づけを行う。第Ⅳ章は、アファーマティヴ・アクションが持つ一側面を米国大学スポーツのあり方を手がかりに検討する。
As a first year report of the research project "The Accountability of the Feminist Jurisprudence", this article addresses the themes investigating on the possibilities and limits of the theories and practices of the Feminist Jurisprudence. They are ; (1)International conventions and transnational feminist movements, (2)On the comparative study of the rape laws, (3)Rethinking "necessity" for wage workers with family responsibility, and (4)On the affirmative action in U.S. - Title IX and the Universities.
URI: http://hdl.handle.net/11173/353
Appears in Collections:第07号(2004-11-16)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0130_007_008.pdf491.4 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback