DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第07号(2004-11-16) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/350

タイトル: Literature Review on Ethnic Identity and the "Generational" Factor Part One : 1988~1998
その他のタイトル: エスニック・アイデンティティと「世代」の要因 : 文献レビューその1 : 1988年~1998年
著者: KANO PODOLSKY, Momo
嘉納, もも
キーワード: ethnic identity
generation
assimilation
発行日: 16-Nov-2004
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: This paper is the first of a two-part literature review on the theme of ethnic identity andgenerational change. It covers the period of 1988 to 1998 and consists of a theoretical discussionof major concepts such as “ethnic identity”, “the generational factor”, and “assimilation” in the context of Ethnic Studies in North America, followed by a detailed review of relevantstudies published during those ten years.
本稿は北米における「エスニック・アイデンティティと『世代』の要因」をテーマにした研究のレビューを土台としている。1970~1980年代にかけてエスニシティ研究の分野では「エスニシティの本質」をめぐっての議論が活発であったが、その後の研究者の関心動向を把握する上で主要学術雑誌、文献のレビューを行なった。1980年代後半以降に浮上した「エスニシティの黄昏論」から「パンエスニシティ」、そして「同化理論の復興」までの様々な研究テーマを解説しながら、「エスニック・アイデンティティ」、「世代間継承」、そして「同化」などの概念を再考するのが目的である。
URI: http://hdl.handle.net/11173/350
出現コレクション:第07号(2004-11-16)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_007_003.pdf97.27 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください