DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究科論集:京都女子大学大学院現代社会研究科紀要 >
第16号(2022-03-15) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/3447

Title: 幸福論三国志に別れを告げよう
Other Titles: Say Good-bye to the Rivalry of Three Kingdoms of Well-being
Authors: 江口, 聡
EGUCHI, Satoshi
Keywords: 幸福
福利
ウェルビーイング
セリグマン
ポジティブ心理学
幸福論三国志
Martin Seligman
Happiness
Well-being
Issue Date: 15-Mar-2022
Publisher: 京都女子大学
Abstract: 英語圏の倫理学においては、幸福の概念をめぐって快楽説、欲求実現説、客観リスト説という3つの立場が対立しているとされている。この状態を幸福論三国志と呼ぼう1)。本論は、そもそも「幸福」あるいは福利について、「本当の」幸福が存在するというより、それは我々による構成物であること、そしてそれは我々が動機や目的に応じて操作的に定義すべきものであるという立場を採用し、我々が幸福の概念を検討したくなる局面に注目すべきであると提案する。I will propose that we should regard the concept of well-being as a construct, not as an entity, and that we should operationalize “well-being” according to our motivation and purpose of philosophizing the concept.
URI: http://hdl.handle.net/11173/3447
Appears in Collections:第16号(2022-03-15)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0140_016_007.pdf832.72 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback