DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第06号(2004-01-31) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/342

タイトル: 現代教育論ノート (その3)
その他のタイトル: On Contemporary Education (3)
著者: 加茂, 直樹
KAMO, Naoki
キーワード: 子育て
家族
大衆教育社会
階層化
エリート
発行日: 31-Jan-2004
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: この「現代教育論ノート」の既発表の二つのノートにおいては、現代日本社会が教育に関して抱えるさまざまな問題について、多くの論者の見解を取り上げながら、考察を試みてきた。このノートでは、第一に、現在の子育てを困難にしている多様な条件について概観し、第二に、教育と社会の階層秩序の形成との関係について、苅谷剛彦の所論の紹介を中心におきつつ考察する。
In the foregoing two essays, I surveyed broadly the educational conditions of contemporary Japan, citing and examining various controversial opinions of many scholars. In this essay, first, I will consider many factors which make it very difficult to bring up children in the present conditions of society. Second, I will consider the educational sociologist T. Kariya's view concerning the relation between the educational system and the formation of stratified society in Japan.
URI: http://hdl.handle.net/11173/342
出現コレクション:第06号(2004-01-31)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_006_009.pdf1.26 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください