DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第04・05合併号(2003-02-10) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/331

タイトル: Peace and Development
その他のタイトル: 平和と発展
著者: BAKOS, Gabor
キーワード: conflict management
peace
development
United Nations
発行日: 10-Feb-2003
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: Peace and satisfaction can be achieved if nations in the world can proceed towards their targets, if they can develop. Hence, development in its broad sense is the key to peace. The author gives an insight why "crisis management" should be changed for "crisis prevention" and how experiences of developed nations could be used for the benefit of less developed nations.
世界の国々は自分のターゲットに向かって前進することが出来る限りそして自分が発展できる限り、平和と満足感を維持することが出来る。従って、広い意味での発展は、平和の鍵である。本論文は、「紛争管理」を「紛争予防」へ変えるべきこと、先進国の経験を発展途上国のために使うことを考察している。
URI: http://hdl.handle.net/11173/331
出現コレクション:第04・05合併号(2003-02-10)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_004・5_008.pdf837.23 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください