DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第04・05合併号(2003-02-10) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/330

Title: 「人間の安全保障」論の方向性
Other Titles: Reorientation of the "Human Security" Discourse
Authors: 初瀬, 龍平
HATSUSE, Ryuhei
Keywords: 人間の安全保障
国家安全保障
人々の安全
グローバル化
ネオ・リベラリズム
政策用語
学術用語
Issue Date: 10-Feb-2003
Publisher: 京都女子大学現代社会学部
Abstract: 本論では、「人間の安全保障」論について、UNDPが当初に提起した概念、及びその背後にある問題意識に合わせて、これまでの議論を再整理しようとする。UNDPが1994年の『人間開発報告』で問題提起をしたときには、そこには冷戦終了後の国際政治経済状況の認識が反映していた。それは、国家安全保障概念の変化への期待と、ネオリベラル世界経済の展開への懸念である。本論は、5節から構成されている。第1節では、UNDPが最初に提起したときの概念を整理する。これは、その後の議論の拠り所を確認するためである。第2節では、「人間の安全保障」政策の例として、国連のアナン事務総長のミレニアム報告と、カナダ政府、日本政府の政策を紹介する。以上は、政策用語としての「人間の安全保障」である。本論の後半では、学術用語としての「人間の安全保障」論の問題点に注目する。第3節では、「人間の安全保障」概念を支える人道主義の問題点、すなわち欧米的、大国的バイアスを考察する。第4節では、「人間の安全保障」の考えと、「国家安全保障」という考えを分けて考え、ついで両者を統合する糸口を模索する。第5節では、ネオリベラル・グローバル化が途上国、とりわけ最貧国に及ぼす影響と救済策を考察する。本論の結語では、以上の議論を総括し、さらに以上の議論から見えてきた問題点2つを今後の研究課題として確認する。
This paper addresses the discourse on "human security" to set it again on a more humane basis. The idea, originally proposed in Human Development Report by the UNDP in 1994, was a response to fatal changes in economic and social conditions at the subsistence level especially in the least-less developed countries. Those changes were brought about by the upsurge of the neo-liberal policies since the end of the Cold War. The paper comprises five sections. The first section is to outline the agenda for "human development" in Human Development Report (1994) that are considered to be the framework within which we should discuss the following. The second is to make a survey of policy ideas or programs promoting "human security", proposed and/or carried out by the UN, Canada and Japan. In the rest, the paper is to shed light on three problems inherent in the concept of human security. The third section is to point out the Western prejudice lurking behind the apparently universal conception of humanism that forms a basis of the idea of human security. Fourthly, the author tries to separate and then integrate two concepts of security, human and national. Finally, he investigates the effects of neo-liberal globalization on human existence and subsistence in the least-less developed countries. The paper concludes with a very brief summary of the discussions, setting two agendas for further research.
URI: http://hdl.handle.net/11173/330
Appears in Collections:第04・05合併号(2003-02-10)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0130_004・5_006.pdf1.38 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback