DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究科論集:京都女子大学大学院現代社会研究科紀要 >
第14号(2020-03-15) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/3026

Title: Global System Collapse and a new Post-Recession Settlement
Other Titles: 新自由主義の日没と政治経済体制の安定化の在り方
Authors: Pope, Chris G.
ポープ, クリス G.
Keywords: Global Financial Crisis
Climate Change
Biodivesity Loss
Labour
Refugee Crisis
United Nations
Sustainable Development Goals
Green New Deal
International Monetary System
Wealth Divide
グローバル金融危機
リーマン・ショック
気候変動
生物多様性損失
労働の不安定化
難民危機
国連
持続可能開発目標
グリーン・ニュー・ディール
国際通貨金融システム
貧富の格差
Issue Date: 15-Mar-2020
Publisher: 京都女子大学
Abstract: A wide range of research points towards a perfect storm of crises in the global political economy, unprecedented both in scale and urgency, that signals the unravelling of the current neoliberal world order. In its place we see a broad scope of political ideology returning to the fore of mainstream politics, most particularly the extreme-right and Fascism, across developed and developing countries alike. This paper argues that to avoid existential catastrophe, pathologies must be suitably identified, understood and addressed in a post-Recession global settlement. To do so, the article identifies and outlines the points of interconnectivity between three major existential crises in global finance, the global socioecological systems, and international labour/migration. Following this, the article examines the effectiveness of two holistic approaches to addressing these crises: the United Nations Sustainable Development Goals and the Green New Deal, before examining the possible nature of a new global settlement that might scale-up efforts to realizing a sustainable political economy before it is too late to respond. 現在の新自由主義的世界秩序の崩壊に繋がるリスクが複数の危機にあるということは、広範囲で様々な研究に主張されている。加えて、機能不全で不安定な世界政治経済体制における複数のリスクが組み合わせらており、人類文明の生存に対してリスクが高くて不確実な状況が迫りつつある。新自由主義の不正当化により、極右のファシズムといったような、過去にあった非常に危険な政治的イデイォロギーが、世界各地に現れて現状の政治的な主流に挑戦している。崩壊を回避するために、これらの危機に関する適切な診断と処方箋が必要であり、これによって新たな政治経済体制を構築すべきということは本研究の主張である。かくて、本研究は国際金融界、世界の社会・生態的システム及び国際労働と移民における3つの危機間の相互連鎖的な関係を解明し、国連持続可能開発目標(UN Sustainable Development Goals)とグリーン・ニュー・ディール(Green New Deal)である、崩壊を防ぐための総合的な対策の2 つを取り上げて、それぞれの計画の効果性を検討する。すると、持続可能な政治経済システムに対する迅速な転換の実現を加速させるための国際政治経済体制の改革のあり方を講じる。
URI: http://hdl.handle.net/11173/3026
Appears in Collections:第14号(2020-03-15)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0140_014_007.pdf379.97 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback