DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第01号(2001-03-30) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/301

タイトル: 日本社会党の路線問題
その他のタイトル: The Logic of Intraparty Politics of the Japan Socialist Party
著者: 森, 裕城
MORI, Hiroki
キーワード: 日本社会党
路線問題
政治過程
発行日: 30-Mar-2001
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: 本稿は、政治過程における路線や綱領の機能に着目し、それが日本社会党の政治行動にどのような影響を与えていたかを検討するものである。具体的には、60年代に入ってから結晶化した社会党の反体制イデオロギーが、次第に党内におけるゲームのルールと化すことによって固定化していき、最終的には人々の信奉度とは無関係に党内の政治行動を規定していた事実を明らかにする。
The Japan Socialist Party (JS) had held a party programme, Nihon ni okeru Syakaisyugi heno Michi (1964-1986) and it had constrained political behaviors in the internal party arena. Scholars who analyze JSP have been largely concerned of intraparty competitions, however they have paid little attention to the influence of the party programme in the political process of the JSP. This study examines the role of the party programme and confirms the logic of intraparty politics of the JSP.
URI: http://hdl.handle.net/11173/301
出現コレクション:第01号(2001-03-30)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_001_011.pdf925.89 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください