DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第01号(2001-03-30) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/300

タイトル: The Idea of Compassion
著者: YOKOTA, John S.
YOKOTA, Shunji
キーワード: Buddhist Theology
History of Buddhist Thought
Buddhist social ethics
Process thought
Inter-religious dialog
発行日: 30-Mar-2001
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: The paper discusses the Buddhist notion of compassion through an analysis and critique of the Mahayana doctrines of bodhisattva (enlightened beings) and upaya (skillful means). While it recognizes the importance of the soteriological context of the concepts considered, it proposes both the possibility and necessity to look beyond this original meaning to one encompassing the social-historical dimension. It is only in this way can the notion of Buddhist compassion contribute to a discussion of salvation in the fullest sense of the word. The process thought influenced by A. N. Whitehead as well as the Liberal Protestant tradition have influenced the development of this discussion.
大乗仏教の菩薩と方便の二つの概念の分析と批判的再考を通じて仏教の慈悲論を新たに考える。慈悲の救済論的意味を認識した上で新たなる慈悲の社会的歴史的側面の展開の可能性と必然性も認めなければならない。これによって初めて仏教の慈悲論は救済論の全ての側面について論ずることができる。ホワイトヘッド・プロセス思想とキリスト教自由神学の考えを参考しながらこの論点を展開する
URI: http://hdl.handle.net/11173/300
出現コレクション:第01号(2001-03-30)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_001_005.pdf1.37 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください