DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第01号(2001-03-30) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/298

タイトル: 現代教育論ノート (その1)
その他のタイトル: On Education (1)
著者: 加茂, 直樹
KAMO, Naoki
キーワード: 現代教育
無規範化
科学技術文明
家族
地域社会
発行日: 30-Mar-2001
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: 現代の日本において、教育は一つの重要な社会的課題になっている。20世紀の後半に科学技術が飛躍的に進歩し、生活は豊かで便利になったが、反対に、幼児段階から大学段階にいたる現在の教育には、荒廃とか無規範化と表現されるような現象が現れてきている。本ノートでは、社会哲学の立場から問題の解決に寄与するための準備作業として、教育の今日的状況について把握するために重要と思われるさまざまな要因を列挙し、多少の整理を試みる。具体的に言えば、現代の教育について何が本当に問題であるか、その社会的背景、特に第二次大戦後の経済力を主とする発展に行き詰まりの見られる世紀末の日本の、先行き不透明な状況がこどもの成育にどのような影響をもたらしているか、21世紀の教育は何を目指すべきか、などが問題であり、これらに関連して重要と思われる情報を集めることが、本ノートの目的である。
In contemporary Japan, education has become an important social problem. In the latter half of the 20th century, science and technology made remarkable progress, and our daily life became affluent and convenient, but conversely, education from preschool stage to university stage is now falling into a state of devastation and 'anomie'. In this essay, as a preliminary work for contributing to the solution of the problem from the standpoint of social philosophy, I will try to enumerate and systematize many factors which are considered important for understanding the status quo of Japanese education. To put it more concretely, the aim of this essay is to collect information which seems to be important in connection with questions, such as 'What is the real problem about contemporary education?' or 'How is the pessimistic future prospects of Japanese society having a bad effect on normal growth of children?' or 'What will be the aim of 21st century's education?'
URI: http://hdl.handle.net/11173/298
出現コレクション:第01号(2001-03-30)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_001_012.pdf1.06 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください