DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
生活造形 >
第64号(2019-02-04) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/2874

タイトル: 小規模美術館が所蔵する作品のデジタル化 : 藤平伸記念館を例に
その他のタイトル: Digitization of A Small Museum Collection: Fujihira Shin Memoria Museum
著者: 前﨑, 信也
木立, 雅朗
藤平, 三穂
阿部, 亜紀
北野, 奈々
Maezaki, Shinya
Kidachi, Masaaki
Fujihira, Miho
Abe, Aki
Kitano, Nana
キーワード: 藤平伸
デジタルアーカイブ
陶芸
日展
京焼
発行日: 4-Feb-2019
出版者: 京都女子大学生活造形学科
抄録: Fujihira Shin (1922-2012) is one of the leading ceramic artists in Kyoto of the 20th century, and on 2 October 2018, Fujihira Shin Memorial Museum was opened in the Higashiyama District, Kyoto. Kyoto Women’s University and Ritsumeikan University worked together for the digitization of all the works in the collection. With help from students of both universities, this project completed digitization of the collection which consists of 1810 works. This paper explains the details of the project and also discuss the use of digitized images for small museums.
URI: http://hdl.handle.net/11173/2874
出現コレクション:第64号(2019-02-04)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0110_064_001.pdf1.5 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください