DSpace
  Kyoto Women's University   Kyoto Women's University Library English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第01号(2001-03-30) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11173/286

Title: 教育投資に関する親子間ゲーム : 同居か別居か
Other Titles: Economic Model of Investment in Education : Coresidence or Separation
Authors: 坂爪, 聡子
SAKADUME, Satoko
Keywords: 同居・別居
教育投資
2段階ゲーム
Issue Date: 30-Mar-2001
Publisher: 京都女子大学現代社会学部
Abstract: 本論では、親子聞における同居・別居の選択と教育投資決定の関係について、2段階のゲーム理論的モデルを用いて考察する。まず親が子供への教育投資を決定し、子供は最終学歴終了後に同居か別居かの選択を行うと仮定する。教育投資と子供の選択の関係について2ケースが導出され、教育投資の水準によって選択が変化するケースがある。教育投資がある水準以上のときは子供は別居を選択するが、その水準以下のときは同居を選択する。そのため、親は子供との別居より同居を希望するケースのほうが教育投資を低い水準に決定する。
In this paper I investigate the relation of investment in education and the parent-child residential choice using game-theoretic model. This model shows that if investment chosen by parents is lower than a certain level, children choose to live with parents, if higher, then they choose to live separately.
URI: http://hdl.handle.net/11173/286
Appears in Collections:第01号(2001-03-30)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0130_001_010.pdf402.65 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback