DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第21号(2019-01-31) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/2845

タイトル: 中国「一帯一路」戦略下における貿易・投資の現状について : 対ASEAN経済を中心に
その他のタイトル: Research Paper : On Trade and Investment of China under the World Economic Strategy of ‘One Belt, One Road Initiative'
著者: 鳥谷, 一生
TORITANI, Kazuo
キーワード: 中国経済「一帯一路」構想
人民元「国際化」
RCEP
Chinese economy
‘One Belt, One Roadʼ Initiative
Internationalization of Renminbi
発行日: 31-Jan-2019
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: 2014年11月、中国の世界経済戦略「一帯一路」構想が発表された。構想実現には紆余曲折が予想されるものの、中国と諸国間の経済関係について明らかにしておく必要は有用であろう。本稿は、特に東アジア地域における中国の貿易・投資の現状について分析し、「一帯一路」構想の今後の展望を検討していくための準備作業としたい。China declared ‘One Belt, One Road initiativeʼ, composed of the Silk Road Economic Belt and the 21st Century Maritime Silk Road initiative, as its new world economic strategy at APEC summit in Beijing, China, in Nov. 2014. This research paper focuses on economic relation of China with East Asian countries in terms of international trade, security investment, and foreign direct investment.
URI: http://hdl.handle.net/11173/2845
出現コレクション:第21号(2019-01-31)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_021_004.pdf1.06 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください