DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
生活福祉学科紀要 >
第14号(2019-02-20) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/2822

タイトル: 「「介護福祉実践」事象をめぐる論争 : 1990年代後半-2000年代」(続)
その他のタイトル: The sequel to “Debate on the implementation of care work”
著者: 太田, 貞司
Ota, Teiji
キーワード: 髙木和美
野中ますみ
看護
介護福祉
日常生活の営み
療養上の世話
Kazumi Takagi
Izumi Nonaka
nursing care
care work
everyday life
medical care
発行日: 20-Feb-2019
出版者: 京都女子大学家政学部生活福祉学科
抄録: 本稿は「「介護福祉実践」事象をめぐる論争:1990 年代後半- 2000 年代」の続編である。1990 年代後半から2000 年代に,要介護者の「日常生活の営み」という事象への介護福祉の支援を巡って,介護は,1)看護とする看護の立場,2)社会福祉の支援を含むという立場,3)両者ではない第三の立場の3 つの方向から議論があった。本稿の目的は,1)看護の立場の髙木和美の見解と3)の第三の立場の野中ますみの見解を,彼らの文献を通して検討し,両者の見解の同一性と差異を明らかにし,介護を看護と捉えた考え方を吟味することである。髙木は看護ととらえ,野中は,看護と「同種」だが,長期ケアには介護福祉の役割があるとみた。しかし,両者には日本における介護福祉実践の史的な展開をもとにした議論が欠けていた。This thesis is a sequel of “Debate on the implementation of care work”. From late 1990s to 2000s, there was a debate over the support of care work for people in need of care for the phenomenon of “everyday life” from 3 standpoints, 1, the standpoint from the person who provide nursing care, 2, the standpoint of supporting the social welfare, 3, the third stand point that was neither 1 or 2. The purpose of this thesis is to examine the understanding of the standpoint of nursing care by Kazumi Takagi and the understanding of standpoint of neither by Izumi Nonaka to clarify the similarities and differences of the understanding of care work for people in need of care. Takagi understood it as nursing care and Nonaka understood it as “the same type” as nursing care but long term care takes the role of care work for people in need of care. However, both lacked the discussion of historical development of the practice of care work for people in need of care in Japan.
URI: http://hdl.handle.net/11173/2822
出現コレクション:第14号(2019-02-20)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0120_014_002.pdf879.36 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください