DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究科論集:京都女子大学大学院現代社会研究科紀要 >
第07号(2013-03-31) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/276

タイトル: 大阪市南霊園の墓標調査からみた近代から現代の変容(1)
著者: 槇村, 久子
キーワード: 墓地
墓標
近代
大阪市
家族
発行日: 15-Mar-2013
出版者: 京都女子大学
抄録: 墓や墓地は近代化、都市化の過程で個人化、無縁化、流動化を起こし、少子・高齢・人口減少が進む中で墓の共同化、無形化、有期限化が現実に動きつつある。墓はこれまで家や家族、宗教との関わりをどの様に変化させてきたのだろうか。都市に現存する近代以降の墓標の調査から、時代の変遷との関係を実証的に捉えようとする一つの試みである。1874(明治7 )年から約140年間の墓所がある大阪市南霊園を取り上げ1 万3800基を悉皆調査(現在5 分の1 )し、本稿では墓標の文字、宗教、建立年との関係を整理した。
URI: http://hdl.handle.net/11173/276
出現コレクション:第07号(2013-03-31)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0140_007_003.pdf5.34 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください