DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
心理臨床研究(こころの相談室) >
第08号(2017-03-31) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/2715

タイトル: 吃音児の親の心理とサポートとの関連
著者: ブリガム, 佳代
キーワード: 吃音
吃音児の親
心理
ストレス
サポート
発行日: 31-Mar-2017
出版者: 京都女子大学大学院こころの相談室
抄録: これまで,日本では吃音児の親の心理やサポートのあり方に焦点をあてた研究はない。そのことを踏まえ,本研究では,吃音児の親を対象に,子育てに対する気持ちを明らかにするとともに,親のストレスとサポートニーズとの関係などについて検討することを目的とした。結果,吃音児の親は「悲観的な気持ち」「周囲の理解のなさ」「前向きな気持ち」を感じていることが明らかになり,子の吃音症状によってストレスを感じている一方で,サポート状況によって親のストレスが緩和され,前向きな気持ちを感じていることが示された。親のストレスと子の年齢による違いは,量的分析では子の年齢段階と親のストレスには有意な関連は見られなかったが,自由記述の質的分析では,幼児期の親が最もストレスを感じているということが支持される内容が見られ,専門家による吃音児の親への支援の時期は,できるだけ早い方がよいことが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/11173/2715
出現コレクション:第08号(2017-03-31)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0180_008_006.pdf1.15 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください