DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第19号(2016-12-20) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/2419

タイトル: 「ノーはノー」から「イエスがイエス」へ : なぜ性的同意の哲学的分析が必要か
その他のタイトル: An Invitation to the Ethics of Sexual Consent: From ‘No Means No’ to `Yes Means Yes’
著者: 江口, 聡
EGUCHI, Satoshi
キーワード: 性的同意
性暴力
性犯罪
ナンパ
インフォームドコンセント
sexual consent
sexual offense
PUA
rape myths
the philosophy of sex
発行日: 20-Dec-2016
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: 性暴力やセクシャルハラスメント(セクハラ)に対する意識が高まっているが、性的な「同意」の問題の哲学的・実践的な複雑さの問題は、国内では十分議論されていないように見える。本稿では、⑴レイプ神話とその解体、⑵恋愛指南本における性暴力の危険、⑶性暴力対策としての「Yes Means Yes」の動きを見たあとで、インフォームドコンセントという観点から見た場合のセックスにおける同意にまつわる難問がいかにして生じているのかを見てみたい。In this paper, I invite you to a philosophical analysis of "Sexual Consent". After briefly reviewing notorious "Rape Myths", I will show the world of so-called "Pick-Up Artists" in 2000's and the social concerns about their practice. Next I will introduce the "Affirmative Consent" movements of 2010’s. I introduce and try to analyze the importance of legacy of Antioch College's "Sexual Offense Prevention Policy"( 1992) in reference to the standard "Informed Consent Model" in medical practices, and show how complicated and difficult the problem of "sexual consent" is.
URI: http://hdl.handle.net/11173/2419
出現コレクション:第19号(2016-12-20)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_019_006.pdf944.62 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください