DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
生活福祉学科紀要 >
第12号(2017-02-09) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/2409

タイトル: 市販プリンのおいしさに関わる要因
その他のタイトル: The study on factors concerned with the palatability of commercially available custard pudding
著者: 門間, 敬子
福岡, 美香
Momma, Keiko
Fukuoka, Mika
発行日: 9-Feb-2017
出版者: 京都女子大学家政学部生活福祉学科
抄録: Texture sensation is one of the important factor on palatability of food. Recently, soft and smooth food are preferred. In this study, we measured physical parameters using rheometer, spectorometer, 1H-MRI and tested organoleptic evaluation on commercially available custard pudding. The relation was found between measured hardness by rheometer and organoleptic evaluation. Softer and smoother pudding contained more fat. However, there was no association between softness or smoothness and palatability. The only one factor denseness associated to palatability, but the factor of denseness was not clear.
URI: http://hdl.handle.net/11173/2409
出現コレクション:第12号(2017-02-09)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0120_012_007.pdf506.66 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください