DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
生活福祉学科紀要 >
第12号(2017-02-09) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/2405

タイトル: 自閉症啓発活動事業におけるイベント参加者の「障害観」に関する一考察
その他のタイトル: A study about "conception of disability" of participants in enlightenment activity of autism
著者: 川上, 愛理
千葉, 真理子
Kawakami, Airi
Chiba, Mariko
キーワード: 自閉症
障害観
統合教育
発行日: 9-Feb-2017
出版者: 京都女子大学家政学部生活福祉学科
抄録: This paper describes the "conception of disability" participants in exchange meeting with autism. We asked participants by using the questionnaire about experience of exchanges with disabilities and the image of people with disabilities. That main results went as the following. 1) Positive image to people with disabilities, the person who have wide experience with disabilities was better than the person inexperienced. 2) The image to people with disabilities changed negative image to positive image by exchange with disabilities. Understanding about disability and planned exchange are effective at lessening a negative image to people with disabilities.
URI: http://hdl.handle.net/11173/2405
出現コレクション:第12号(2017-02-09)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0120_012_003.pdf639.39 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください