DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究科論集:京都女子大学大学院現代社会研究科紀要 >
第02号(2008-03-31) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/233

タイトル: 日本の社会保障制度の形成
その他のタイトル: The Formation of Social Security System in Japan
著者: 加茂, 直樹
KAMO, Naoki
キーワード: 日本の社会保障
貧困者救済の歴史
社会政策
social security system in Japan
the history of poor-relief system
social policy
発行日: 31-Mar-2008
出版者: 京都女子大学
抄録: この論文は、前稿「社会保障制度の形成」(『現代社会研究』Vol. 10、2007年)に続き、現代日本の社会保障制度を批判的に検討し、今後の改革の方向を模索するための予備的研究として、日本の社会保障制度がどのようにして形成されてきたかを、歴史的に考察することを目的とする。その内容は次の通りである。 Ⅰ 社会福祉の時代区分 Ⅱ 前近代における社会福祉 Ⅲ 近代における社会福祉 Ⅳ 現代前期における社会福祉 Ⅴ 総括と展望
The purpose of this paper is to comprehend how the social security system has been formed in Japan. I think it is necessary to do so as a preliminary step to develop a critical examination of the social security system in contemporary Japan. The contents are as follows : Ⅰ The Division of Ages in Social Welfare Ⅱ Social Welfare in the Pre-modern Age Ⅲ Social Welfare in the Modern Age Ⅳ Social Welfare in the Early Stages of the Present Age V Summary
URI: http://hdl.handle.net/11173/233
出現コレクション:第02号(2008-03-31)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0140_002_001.pdf563.68 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください