DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第18号(2015-11-30) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/2287

タイトル: RubyコミュニティとRails Girls : オープンソースを支えるコミュニティと運動
その他のタイトル: Ruby Community and Rails Girls : Community and Movement to Support Open Source Development
著者: 丸野, 由希
MARUNO, Yuki
キーワード: オープンソース
OSS
OSSコミュニティ
Rails Girls
情報教育
Open Source
OSS Community
Programming Education
発行日: 30-Nov-2015
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: 京都女子大学現代社会学部では、2000年の学部創立以来、Rubyによるプログラミング教育を行ってきた。さらに、2013年からは、Rubyを使ったWebアプリケーション製作のフレームワークであるRuby on Railsを授業に取り入れてきた。これらのソフトウェアはオープンソースソフトウェアとして開発されている。 そこで、本ノートでは、オープンソースとは何かについて触れ、さらに、京都女子大学におけるプログラミング教育や京都女子大学で行われたイベントRails Girlsについて述べる。
Programming education with the Ruby programming language has been conducted since the Department for the Study of Contemporary Society was founded at Kyoto Women's University (KWU) in 2000. In addition, Ruby on Rails, a web application development framework based on Ruby, has also been included in the curriculum in 2013. Both Ruby and Ruby on Rails are examples of open-source software. In this research note, first a background on open-source development is provided, and then programming education at KWU and Rails Girls events held at KWU are described.
URI: http://hdl.handle.net/11173/2287
出現コレクション:第18号(2015-11-30)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_018_007.pdf651.15 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください