DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究科論集:京都女子大学大学院現代社会研究科紀要 >
第09号(2015-03-15) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/2141

タイトル: Do mood-enhancement threaten our authenticity? : Comparing pharmacological mood-enhancement and CBT
著者: EGUCHI, Satoshi
キーワード: mood-enhancement
authenticity
happiness
well-being
anti-depressant
発行日: 15-Mar-2015
出版者: 京都女子大学
抄録: In this paper, I will discuss the ethical concerns about pharmacological mood enhancement, by comparing pharmacological means and psychotherapeutic interventions, which seem less threatening to our wellbeing, to find the reasons for concern for chemical means and mood enhancements in general.
URI: http://hdl.handle.net/11173/2141
出現コレクション:第09号(2015-03-15)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0140_009_003.pdf192.96 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください