DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第17号(2014-09-10) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/2134

タイトル: 地方自治体における行政評価の目的とその内容 : 財務会計と管理会計の視点から
その他のタイトル: The contents of measuring municipal activities according to its purpose : from the viewpoint of financial accounting and managerial accounting
著者: 掛谷, 純子
KAKEYA, Junko
キーワード: 財務会計
管理会計
行政評価
地方自治体
financial accounting
managerial accounting
measuring municipal activities
local government
発行日: 10-Sep-2014
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: 会計は、財務会計と管理会計に分類される。財務会計は、外部の利害関係者に情報提供を行うものであり、管理会計は、マネジメント・コントロールのため内部の経営者に情報提供を行うものである。地方自治体で行われている行政評価も、その目的は財務会計(説明責任)と管理会計(マネジメント・コントロール)の両方にあると考えられる。しかし、行政評価の目的に応じて収集すべき情報や分析方法が異なると考えられることから、財務会計と管理会計にどのような違いがあるのかを明確にしたうえで、行政評価のしくみとの関係を整理している。行政評価の設計や見直しを行う場合、このように会計の視点を導入することが、その具体的な手法を検討するためのよりどころになると考える。
 Accounting is divided to financial accounting and managerial accounting. Financial accounting provides financial information for external users. Managerial accounting provides internal reports to help users make decisions about their organization. The purposes of measuring municipal activities are both accountability and management control. We should select suitable data or analysis methods, according to the purpose of measuring municipal activities. I clarify the differences between financial accounting and managerial accounting, and organize the influences on the mechanism of measuring municipal activities. In designing or reviewing measuring municipal activities, we can consider a specific method by introducing the viewpoint of accounting.
URI: http://hdl.handle.net/11173/2134
出現コレクション:第17号(2014-09-10)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_017_001.pdf912.76 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください