DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究科論集:京都女子大学大学院現代社会研究科紀要 >
第08号(2014-03-15) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/1632

タイトル: 幸福の心理学研究に対して倫理学者はどう反応するべきか
著者: 江口, 聡
キーワード: 倫理学と心理学
幸福研究
ポジティブ心理学
発行日: 15-Mar-2014
出版者: 京都女子大学
抄録: 倫理学における「幸福」をめぐる難問を概観したのちに、2000年代以降心理学・経済学の分野で大きな関心を集めている幸福の心理学から倫理学者は何を学ぶことができるかを考察する。
URI: http://hdl.handle.net/11173/1632
出現コレクション:第08号(2014-03-15)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0140_008_004.pdf465.4 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください