DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
生活福祉学科紀要 >
第04号(2008-02-20) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/1477

タイトル: 4年制大学における介護福祉教育の社会的意義
著者: 井上, 千津子
キーワード: 介護福祉士
介護福祉教育
大学教育
カリキュラム
発行日: 20-Feb-2008
出版者: 京都女子大学家政学部生活福祉学科
抄録: 社会福祉士及び介護福祉士制度の改正に伴い,中でも介護福祉士養成のカリキュラム編成の大幅改変が進んでいる。特に介護福祉士教育を行っている大学においても,カリキュラム編成についての検討を迫られているところである。この時期にこそ,介護福祉士養成における大学教育のあり方について議論を高めていくことが緊要であろう。大学教育としての真価は,介護福祉士という資格取得が現行の2年教育の上に,どのような教育内容を付加すれば,この少子高齢化を背景とした社会ニーズに対応できるのか,ということになろう。今日では,介護福祉教育を行っている大学は57校にまで増え,今後も増加の傾向にあるといわれている。そこで,大学における介護福祉教育の意義や目的を明確にし,専門職養成としての教育内容について論じたいと思う。
URI: http://hdl.handle.net/11173/1477
出現コレクション:第04号(2008-02-20)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0120_004_001.pdf441.32 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください