DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
生活福祉学科紀要 >
第03号(2007-01-10) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/1465

タイトル: 生活支援のための看護と介護の連携
著者: 井上, 千津子
キーワード: 連携
意識
教育
マンパワー
システム
発行日: 10-Jan-2007
出版者: 京都女子大学家政学部生活福祉学科
抄録: 本論では,介護の実践者であり,また介護の教育にかかわる立場から「看護と介護の連携」をテーマに論及した。誰もが自立して自分らしく生きていくためには,生活をトータルで支える生活支援が求められている。その中核としての看護と介護の連携の重要性と必要性を述べ,さらに,連携のための条件を示し,連携を阻害している問題を,看護職・介護職双方の意見から導き出した。そのうえで,(1)意識の問題(2)教育内容(3)マンパワーの問題(4)システムのあり方の4項目に整理をし,この4点に対して問題の内容と,解決へ向けての若干の提言を行った。特に連携を不可欠とする医療依存度の高い在宅療養者の増大と,それに伴う介護負担増を背景に浮上してきた「介護職が行う医行為」について,内蔵している問題点を明らかにして,看護・介護双方の専門職としての捉え方について議論の必要性を述べた。なお本論は老年社会科学Volume28,no.1,2006に投稿した論文に加筆・修正を加えたものである。
URI: http://hdl.handle.net/11173/1465
出現コレクション:第03号(2007-01-10)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0120_003_001.pdf432.08 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください