DSpace
  京都女子大学   京都女子大学図書館 English 日本語

Kyoto Women's University Academic Information Repository >
紀要論文(Bulletin Paper) >
現代社会研究 >
第15号(2012-12-26) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11173/144

タイトル: キェルケゴールの「鬱」とその対策
その他のタイトル: Kierkegaard's "Depression" and his philosophical prescriptions
著者: 江口, 聡
EGUCHI, Satoshi
キーワード: キェルケゴール
病跡学
憂鬱
気分障害
鬱病
Kierkegaard
depression
pathography
発行日: 26-Dec-2012
出版者: 京都女子大学現代社会学部
抄録: 本論ではキェルケゴールの著作活動を、彼自身の鬱病的生涯とそれに対する彼の対応という観点から見直す。まず「メランコリー」概念の歴史的変遷と、20世紀までの「鬱」についての精神医学の発展を見た上で、キェルケゴールの著作における否定的な気分が現代の精神医学者たちの知見とよく合致することを論じる。さらにキェルケゴールが現代の鬱病療法についてどのような見解を持つだろうかを考えてみる。
It is well known that Søren Kierkegaard suffered from serious depression. I will try to reread his works in light of modern psychiatry. In his writings, Kierkegaard depicted his morbid states of depression very exactly, and his "aesthetical" works as a whole can be interpreted as a prescription for his illness.
URI: http://hdl.handle.net/11173/144
出現コレクション:第15号(2012-12-26)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
0130_015_003.pdf545.02 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください